OHASHI
High Technology Corporation

Copyright © OHASHI High Technology Corporation All rights reserved.

低コスト化
弊所の手数料の案内
       多重従属請求項の追加料金
       従属請求項数を減らす
       USPTOへ納付する主な料金
USパテントエージェントの紹介

出願時に必要なもの
出願後でよいもの
       職務発明の譲渡証
提出遅延に関する注意

米国特許明細書の要件
特許の英訳について
     標準的請求項の英文構造1
     「から成る」
     請求項での冠詞の扱い1
     スカラーとベクトル

Patents(米国特許出願)

標準的な請求項の英文構造2


wherein the automobile is characteraized by:
   having an engine; and
   being provided with brakes."
となります。

Jepson Claim (Improvement-type claim in 37 CFR 1.75(e))
蛇足かもしれませんが、ここでご紹介した私が通常使う構文は、Jepson claim (ジェプソン)と言うものに非常によく似ています。ただしジェプソン構造の請求項では、"wherein"だけではなく、37 CFR 1.75(e)(2) にもあります通り、"wherein the improvement comprises," となります。

例えば、「4つの車輪と、一つのハンドルから成る車で、改善が、エンジンがあることと、ブレーキが備えられていることから成る車。」ですと、
“An automobile, comprising:
   four wheels; and
   a steering wheel;
wherein the improvement comprises:
   the automobile having an engine; and
   being provided with brakes."
となります。

ところで、Jepson請求項では "wherein" の前(preamble)にある要素は従来技術を規定し、"wherein" の後の要素のみが請求項の開示する新規の発明を成すものと通常解釈されます。上記の例ですと、「4つの車輪と、一つのハンドルから成る車」は従来技術で、「エンジンがあることと、ブレーキが備えられていること」が新規な発明と仮にみなされます。ただしこの解釈は「詳しい説明」の中で、またはUSPTOとの中間手続のやり取りの中で、かかる解釈が当たらないことを示すことができます。

<「請求項の英文構造1」に戻る。      次の頁「から成る」」へ>