OHASHI
High Technology Corporation

Copyright © OHASHI High Technology Corporation All rights reserved.

* 低コスト化
弊所の手数料の案内
       多重従属請求項の追加料金
       従属請求項数を減らす
       USPTOへ納付する主な料金
USパテントエージェントの紹介

出願時に必要なもの
       宣言書、譲渡契約
出願後でよいもの
       職務発明の譲渡証
提出遅延に関する注意

米国特許明細書の要件
       特許発明の対象1
       有用性の要件1
       新規性の要件(Novelty)
       非自明性の要件1
特許の英訳について

Patents(米国特許出願)

日本側の主導による低コスト化


   日本の出願人様のアメリカでの特許出願、PCT出願の米国国内移行手続やその後の中間処理のお仕事では、日本のお客様側が特許の内容を既に深くご理解成されておられますし、米国を含めた各国でのオフィスアクションへの応答や補正においても、最終的に得られる特許の内容に統一性を保つために日本側が主体となって調整をなさる必要もあると思います。

   つきましては、日本のお客様のご指導のもと、日本とアメリカで作業の重複をなるべく省き、弊所のコストを低く抑えるように努力致します。

   あくまで参考ですが、例として弊所の作業が最小限になる場合の料金を、 「料金案内」 として提示致します。

                           ==>  料金案内



「ホーム」へ  (Back to "Home")


「米国特許出願」へ  (Back to "Patent Filing & Prosecution")