OHASHI
High Technology Corporation

Copyright © OHASHI High Technology Corporation All rights reserved.

低コスト化
弊所の手数料の案内
       多重従属請求項の追加料金
       従属請求項数を減らす
       USPTOへ納付する主な料金
* USパテントエージェントの紹介

出願時に必要なもの
       宣言書、譲渡契約
出願後でよいもの
       職務発明の譲渡証
提出遅延に関する注意

米国特許明細書の要件
       特許発明の対象1
       有用性の要件1
       新規性の要件(Novelty)
       非自明性の要件1
特許の英訳について

Patents(米国特許出願)

大橋丈夫

Takeo Ohashi, Ph.D., U.S. Patent Agent。


Ohashi is a graduate of the University of Tokyo (B.E. in applied physics). He earned his doctorate at Cornell University (Electrical Engineering). After working on development projects of high-end computer chips and semiconductor lasers in the U.S. industry, he helped U.S. technology companies sell aerospace and electronics products in Japan as an export consultant. In addition, he holds an M.B.A. degree from New York University.

His fields of expertise include semiconductor technologies, materials science, electrical engineering, opto-electronics, telecommunications, aerospece engineering and computer technologies.

Back to "Patent Filing & Prosecution"

東京大学工学部物理工学科卒業、同大学院在籍一年の後、
米国コーネル大学大学院電子工学科に編入、工学博士取得。
米国企業の半導体工場にて勤務(NY)後、
日米間の宇宙技術の橋渡し、米国の先端技術の日本向け輸出コンサル。 その間、ニューヨーク大学夜間部にて経営学修士(MBA)取得。
米国パテントエージェント


分野:半導体技術、オプトエレクトロニクス、電気電子工学、通信技術、
        宇宙航空技術、コンピュータ関連

弁理士に当たるアメリカの資格にはパテントオトーニー(attorney)とパテントエージェントの2つの種類がありますが、私はパテントエージェントです。オトーニー(弁護士)ではありません。出願人の米国における代理人として出願手続、中間手続を行います。

「米国特許出願」に戻る。